審美歯科 (オールセラミック) - 診療案内 | オーク歯科医院

審美歯科 (オールセラミック)

メタルボンドからオールセラミックへ

オールセラミックとは金属を使わず、全てセラミック素材で出来ている修復の事です。

メタルボンドとは冠(かぶせ)の内側に金属のフレームがあり、外側にセラミックスを貼りつけた修復法です。

オールセラミックとメタルボンド
治療前後

では、なぜオールセラミックなのか?
金属を使うことでどのようなマイナス面があるのか?
ご説明いたします。

金属を使わずに天然歯の様に光透過性

オールセラミックは文字通り、金属を使っておらず、天然歯の様に光透過性を有しています。そのことにより天然歯に似た透明感、深み、色合い、質感を表現することが可能であるわけです。

メタルボンドでは金属構造があることで、光の透過性が損なわれ、審美面でオールセラミックと比べて不利であることは、否めません。

オールセラミックとメタルボンド
オールセラミックの高い光の透過性による美しさ

メタルボンドでの問題点

またメタルボンドでは金属構造により、ブラックマージン(歯肉との合わせ目の黒いライン)及び辺縁歯肉にシャドウ(歯肉が黒ずんで見える)が出やすいのです。このような現象は、光透過性のないメタルボンド特有の審美的な問題点であります。

メタルボンドとオールセラミックの違い

セラミックはアレルギー反応も少ない

セラミックは金属とは異なり、イオン溶出の恐れがなく、アレルギー反応も少ない為、歯周組織に対して為害作用(いがいさよう)がなく、生体親和性に優れています。

すなわち金属に比べてセラミックの方が歯周組織(歯を支えている歯肉、骨etc)を健康に保ちやすいと云えます。