診査 ・ 診断 - 診療案内 | オーク歯科医院

診査 ・ 診断

問診

患者さんの言葉から診断がつく場合が多いので症状、気になることはどんなことでもお話しください。あと治療へのご要望などがあれば遠慮なくおっしゃってください。

口腔内診査

歯科医院に行くと必ず最初に行う診査です。目で見たり、指で触ったり、器具で探ったり叩いたり、風や水をかけたりしながら、多くの情報を得ます。

歯の写真

治療前の歯、歯肉 、歯列の状態を写真で記録しておきます。X線写真以上に情報量が多い場合もしばしばあります。ゆえに診断、治療効果の判定にぜひ必要です。

X線診査

診断や治療上、もっとも重要な存在です。目で見て行う口腔内診査では把握しきれない情報を得ることができます。

歯周組織の検査

歯周病の診査です、それぞれの歯の歯肉の溝の深さを計ります。健康な歯肉であれば2、3㎜以下ですが、歯周病が進行すると、骨が溶けて、溝がどんどん深くなります。

歯の模型

歯型を採り、石膏の歯の模型を作り、噛み合わせを診ます。また、患者さんに、治療方針をご説明する時にも使えますし、術前の記録という面でも大切です。

診断→説明→同意

これらの診査により、おおよその診断をし、治療計画を考え、実際の治療へと進んで行きます。したがって、初診の日は診査とおおまかな説明、患者さんとのお話し合いになります。ただし痛みがあったり、つめ物、かぶせ物が取れた時などは、その治療を先に行うのは言うまでもありません。