金属を使わない土台 - 診療案内 | オーク歯科医院

金属を使わない土台

当院では金属を使わないグラスファイバー系コア(土台)「ファイバーコアポストシステム」を採用しています

コア(土台)とは?

コアは歯科用語で「支台築造体(しだいちくぞうたい)」と言い、字の通り「歯を支える台」のことです。

虫歯になった部分を取り除き、根の治療を行った後は、クラウン(かぶせもの)を支える台としてコアを入れる必要があります。

コアの素材は従来金属が主流でしたが、当院では最新のグラスファイバー系材料「ファイバーコア ポスト」を採用することで、より美しく、自然な仕上がりとなります。

ファイバーコアポスト

ファイバーコア ポストは細いグラスファイバーの繊維を樹脂で固めたピンのような材料です。このピンを補強材にし、そのまわりに歯の色に似たグラスファイバー強化型樹脂でコアの形に整えます。

ファイバーコア ポストで作られたコアは、従来の金属性コアとは違い、様々な特徴があります。

1.美しく自然な仕上がり

歯は光を透過しますが、金属製のコアは全く光を透過しません。ファイバーコア ポストで作られたコアは光の透過も歯に近く、とても自然で美しい仕上がりになります。

2.歯に似たしなやかさ

金属性コアはとても硬く、強い力が加わると直接歯の根に力を伝え、根を壊してしまうことがあります。ファイバーコアポストは適度なしなやかさがあり、衝撃を吸収することで根を壊しにくく、歯にもやさしい材料です。

3.金属性を使わないから

コアからクラウン(かぶせもの)まで金属を一切使わずに修復できますので、金属アレルギーの心配もありません。