無痛治療 - 診療案内 | オーク歯科医院

無痛治療

オーラスター1.0S
歯科用電動注射器

オーク歯科では、なるべく患者さんに痛みを与えないために、いろいろな面で注意を払って治療をしています。
「いつ麻酔をしたのかわからないぐらい」の麻酔注射をするようにいつも心がけております。
具体的には、まず表面麻酔を塗布し、2分後に最も細い針を用い、電動麻酔器にてゆっくりと麻酔液を注入していきます。まず浅いところから麻酔を効かせて、少しずつ深いところに針を進めていきます。
とにかく、ゆっくり、時間をかけて行うことが肝心です。
私は麻酔注射をする時、患者様に「痛くない麻酔をしますからね」と必ずお声をかけてから行うようにしております。それと、自分が治療されていると思いながら、患者様の治療に臨むことが「痛くない治療」を行うには大切な事だと考えております。

麻酔には電動麻酔注射器を使っております。

特徴 : 細い針を使用しているため、刺したときの痛みが非常に抑えられています。また、一定の圧力で、ゆっくり麻酔液を注入する為、ゆっくりと痛くない麻酔が可能です